※コチラは公式発表前までのまとめ記事です。2016年10月19日以降のアップデートは、下記記事にてご確認ください。
 docomo 2016年冬モデル(2017年春モデル)の最新情報&スペック比較
2016年冬モデル 発売日やスペック暫定まとめ
画像出典:droid-life

2016年冬商戦に向けての発売が予想されているスマートフォンについて、本記事にて情報をまとめて掲載します。まだ未確定要素も多い段階ですが、ご参考までに。

最終更新:2016年10月8日

2016年冬モデルの発表日や発売日は?

2016年冬モデルの発表日や発売日は?

過去のdocomo冬商戦スマートフォンの発表日は下記のとおりです。
  • 2013年秋モデル:2013年9月11日(iPhone5s, 5c)
  • 2013年冬モデル:2013年10月19日(Xperia Z1f等、11機種)
  • 2014年秋モデル:2014年9月10日(iPhone6, 6Plus)
  • 2014年冬モデル:2014年9月30日(GALAXY Note Edge等、7機種)
  • 2015年秋モデル:2015年9月10日(iPhone6s, 6sPlus)
  • 2015年冬モデル:2015年9月30日(Xperia Z5等、9機種)
今回は、2016年10月19日頃の発表となる見通し。

これまでの「年2回の大量発表」から「1機種あたりの販売期間を延ばす」という方針に移行するドコモ。2016年冬モデルではどんな新機種登場が期待できるでしょうか。

関連)2016年冬モデル(2017年春モデル)の発売日一覧

2016年冬モデル(秋冬商戦)での発売が期待されるスマートフォン

2016年冬モデル(秋冬商戦)での発売が期待されるスマートフォン

直近の5商戦で発売された主要モデルは下記の通り。
商戦Xperia
上位
Xperia
下位
GalaxyGalaxy
Note
14夏Z2
SO-03F
A2
SO-04F
S5
SC-04F
-
14冬春Z3
SO-01G
Z3C
SO-02G
S5A
SC-02G
NoteEdge
SC-01G
15夏Z4
SO-03G
A4
SO-04G
S6
SC-05G
-
15冬春Z5
SO-01H
Z5C
SO-02H
ActiveNeo
SC-01H
-
16夏XP
SO-04H
-S7Edge
SC-02H
-

商戦AQUOS
上位
AQUOS
下位
ARROWSDisney
14夏ZETA
SH-04F
-NX
F-05F
SH-05F
14冬春ZETA
SH-01G
-NX
F-02G
SH-02G
15夏ZETA
SH-03G
Ever
SH-04G
NX
F-04G
DM-01G
15冬春ZETA
SH-01H
Compact
SH-02H
NX
F-01H
DM-01H
16夏ZETA
SH-04H
-SV
F-03H
DM-02H

過去の実績や各種報道情報を元に、ラインナップを予測してみましょう。
Xperia X compact、Xperia XZ SO-01J
画像出典:sony mobile

Xperia X compact, Xperia XZ SO-01J / SO-02J

2016冬モデルとしては、IFA2016で発表された「Xperia X compact」および「Xperia XZ」の発売が期待できそうです。

Xperia X PerformanceやXperia Z5 Compactも好調に継続販売されている状況なので、他機種に比べて発売タイミングはやや遅れるかもしれません。

機種詳細はカテゴリページへ
Galaxy Note7 Edge SC-01J
画像出典:samsung

Galaxy Note7 Edge SC-01J

既に全容が見えており、あとはドコモ公式発表待ち状態のGalaxy Note7。

日本国内ではあまり売れ行き好調とは言えないGalaxyシリーズですが、性能面では歴代スマートフォン最高レベルであり、iPhone 7 Plusの強力なライバルとなりそうです。

機種詳細はカテゴリ別記事参照
>> Galaxy Note7 Edge SC-01J
aquos sh-01J SH-02J 2016年冬モデル
画像出典:SHARP

SHARP SH-01J, AQUOS SH-02J

何シーズンも休まず新機種をリリースしているAQUOSシリーズ。

SHARPが買収された後でも勢いは変わらず、夏商戦では6機種(全キャリア&格安SIMモデル含む)の新機種を発表しました。2016年冬モデルでも、新機種「SH-01J」&「AQUOS SH-02J」の登場が、ほぼ確定しています。ソフトバンク507SHのようなAndroid Oneモデルにも期待。
ARROWS NX F-01J
画像出典:富士通

ARROWS NX F-01J, らくらくホン F-02J

2015年冬までは、AQUOSと同じく毎シーズン新作の出ていたARROWS NXシリーズ。

しかし2016年夏モデルではミドルレンジのARROWS SVのみの発表でした。冬商戦では虹彩認証をはじめ、機能全部入りの国産スマートフォン「arrows NX F-01J」が復活する模様。

また、既にFCCに登録されている「F-02J」も、らくらくホンの新作として登場しそうです。

MONO MO-01J(ZTE)

MONO MO-01J(ZTE)
画像出典:dailymobile

SIMフリースマートフォンのBladeシリーズでお馴染みのZTEから、2016年冬のドコモ向けスマートフォンが発売される見込みです。

まだまだ続報待ちの状態ですが、iPhoneのようなマナーボタン(ミュートボタン)を搭載した薄型スマートフォンとなりそうです。

参考)2016年冬モデル「MONO MO-01J docomo」登場!

P-01J(パナソニック製ガラケー)

P-01J(パナソニック製ガラケー)
画像出典:panasonic

パナソニックからは1年ぶりのドコモ新機種「P-01J」が発売される見通しです。 WLAN・Bluetooth・NFC対応の2つ折りケータイで、ワンプッシュオープンボタンも着いた使い勝手の良い機種となる模様。

参考)P-01J(パナソニック製ガラケー@2016年冬モデル)の情報
iPhone7, iPhone7 Plus
画像出典:Apple

iPhone7, iPhone7 Plus

去年発売のiPhone6sが最新Androidスマートフォンを超える勢いで売れ続けているiPhoneですが、9月16日以降、新世代iPhone7が発売となりました。 

デザインは大きな変化の無いシリーズですが、使いやすさ・アクセサリーの充実・コストパフォーマンスの高さで、今回も最も売れるスマートフォンとなるのは間違いありません。

機種詳細はカテゴリページへ

Disney mobile on docomo DM-01J

Disney mobile on docomo DM-01J
画像出典:Disney

2016年夏モデルで「Disney Mobile on docomo DM-02H」が発売されているため、次の発売は2017年夏モデルになる可能性も大です。

>>機種詳細はカテゴリページへ

2016年冬モデルで進化する機能・性能

1. 処理能力は向上しても少しだけ(Snapdragon821)

処理能力の向上(Snapdragon821)
画像出典:Qualcomn

スマートフォンの核となるSoCは、現在主流のSnapdragon820に加えSnapdragon821の採用が始まりますが、性能としては10%程度しか変わりません。安定性や電池持ちの向上が主なメリットのようです。

ハイエンドモデル以外では、Snapdragon650や617搭載機種も登場する見込みですが、こちらも従来品から大きな性能向上はありません。

一方でiPhone7は新規のApple A10プロセッサーを搭載します。まだ実力は未知数な部分も多いですが、ベンチマークの結果を見る限り、当分の間Android勢を大きくリードすることとなりそうです。

参考)iPhone7、ベンチマークでXperia X Performanceを圧倒

2. USB TypeC搭載機種の増加

USB TypeC搭載機種の増加
画像出典:amazon

現在のスマートフォンではmicroUSB v2.0が主流ですが、ハイエンド機種を中心に搭載機種増加が予想されます。Galaxy Note7 SC-01JはUSBv3.1 Type-C対応の模様。
  • より高速な充電やデータ通信
  • 上下左右の区別が無い形状のため、挿し間違え無し
  • HDMIのように、映像出力も可能
といったメリットがあります。

参考)USB Type-C スマホの充電時間は半分に?

3. 通信速度の向上は停滞?(Smart Vertical MIMO)

通信速度の向上
画像出典:docomo

現在は下り375Mbpsまで対応しているドコモのPREMIUM 4G。

次なる高速化手段として、4x4 MIMO・Smart Vertical MIMOといったキーワードがロードマップにはありますが、2016年冬商戦では約500Mbpsまでの高速化の可能性があります。
※1Gbps~は少し先の話となりそうです。

参考)2016年秋冬モデルは500Mbpsの超高速通信に対応?

4. Android 7.0 Nougat対応

0スマートフォン(2016年冬モデル_docomo)

2016年夏にリリースのAndroid 7.0。タイミング的に2016年冬モデルでプリインストールされるかどうかは微妙ですが、アップデートで対応することは間違いありません。
  • Windowsのようなマルチウィンドウ
  • データ通信量の節約
  • ディスプレイの色合いを変更
といった新機能の魅力はもちろん、安定性やセキュリティ面での向上も大きなポイントです。

関連)2016年冬モデルの発売日一覧まとめ 
 docomo 2016年冬モデル(2017年春モデル)の最新情報&スペック比較
スポンサードリンク
この記事をツイートする この記事をFacebookでイイねする LINEで送る