MEDIAS X N-06EとXperia A SO-04Eのコスパ比較

発売日は2013年6月19日のNEC製スマートフォン「MEDIAS X N-06E(メディアスX)」の予約受け付けが開始され、本体価格が明らかになりました。

新規契約の際のメディアスX N-06Eの価格は、本体代金67200円から割引(月々サポート)で毎月1470円値引きされ、実質31920円となります。ARROWS NXやELUGA Pより安いですね。

なお、MNPの場合は月々サポートが2800円で実質0円です。

さて、飛ぶ鳥をブッ飛ばす勢いで売れているXperia A SO-04Eと、「2トップ」ではないスマートフォンの中では比較的安価なMEDIAS X N-06E。どちらがお買い得なスマホなのでしょうか?まずはエクスぺリアA SP-04EとメディアスX N-06Eの性能・価格比較をご覧ください。

MEDIAS X N-06EとXperia A SO-04Eの価格・性能の比較表

※表の解説は本シリーズの導入記事を参照
MEDIAS X N-06EとXperia A SO-04Eの価格・性能の比較表

スマホ⇒スマホへの機種変更なら10000円強(月に500円程度)の差ですが、新規契約時は26880円と大きな価格差がありますね。MNPなら断然MEDIAS X N-06Eがおすすめですが、それ以外のケースでの約10000円~27000円の差を埋める性能差はあるのでしょうか?

機能・性能面でMEDIAS X N-06EがXperia A SO-04Eより優れている点

スペック一覧からわかる2機種の差は、
・搭載するSoCの性能に差があり、MEDIAS X N-06Eの方が処理能力が上
・MEDIAS X N-06Eの方が2mmほど薄く、収納時に有利
・MEDIAS X N-06EはIEEE 802.11ac対応で、Wi-Fi運用時の通信速度はXperia A SO-04Eの数倍。
 ※ルーター(アクセスポイント)側の11ac対応が必要。
といったところで、特にXperia A SO-04Eの方が優れている部分はありません。 また、ヒートパイプ採用で発熱対策が効率化された(※)MEDIAS X N-06Eは、安定動作やバッテリー劣化のリスクも低いことが期待できます。
ホットモックでの検証には失敗しており、現時点でソースはありません

また、ELUGA P P-03Eと同じくメディアスXも「docomo シンプルUI」に対応しており、通話やメールといった基本操作がガラケーのような感覚で可能。初心者には非常に使いやすいスマートフォンです。

初心者には非常に使いやすいメディアスX N-06E
画像出典:ドコモ公式「2013夏の新機能」

・薄くてスタイリッシュなスマートフォンが欲しい
・出来るだけ使いやすいスマホが良い
・防水やおサイフケータイと言った機能は全部入りが理想
といった方には、ぜひお勧めのスマホです。

参考)その他の2013年夏モデル比較記事はコチラ
スポンサードリンク
この記事をツイートする この記事をFacebookでイイねする LINEで送る