ベンチマーク結果で見るスマートフォン性能の進化

2013年夏モデルも主要機種の多くが発売中となりました。

今回は、これまでにご紹介したベンチマーク測定結果(旧機種含む)から、この1年でのスマホの進化を振り返って見ましょう。

なお、機種数が多いので今回はベンチマーク結果のスクリーンショットは割愛します。
「スクリーンショット付きの結果」や「ベンチマークの取り方・考え方」は、過去記事参照

1. Androidスマホのベンチマーク結果まとめ(2013年6月29日版)

Google Play「Antutuベンチマーク」

測定用のアプリには「Antutuベンチマーク(バージョン3.x以降)」を用いています。まずは、結果一覧をスコアの高い順に表でご紹介します。

機種名 CPU RAM 解像度 キャリア シーズン スコア
Galaxy S4 SC-04E APQ8064T 1.9GHz(クアッドコア) 2GB FullHD(1920x1080) ドコモ 2013夏 25607
AQUOS PHONE SERIE SHL22 APQ8064T 1.7GHz(クアッドコア) 2GB HD(1280x720) au 2013夏 24767
HTC J One HTL22 APQ8064T 1.7GHz(クアッドコア) 2GB FullHD(1920x1080) au 2013夏 24238
AQUOS PHONE Si SH-07E APQ8064T 1.7GHz(クアッドコア) 2GB HD(1280x720) ドコモ 2013夏 24220
AQUOS PHONE Xx 206SH APQ8064T 1.7GHz(クアッドコア) 2GB FullHD(1920x1080) ソフトバンク 2013夏 24081
MEDIAS X N-06E APQ8064T 1.7GHz(クアッドコア) 2GB HD(1280x720) ドコモ 2013夏 23865
ARROWS NX F-06E APQ8064T 1.7GHz(クアッドコア) 2GB FullHD(1920x1080) ドコモ 2013夏 23160
ARROWS A 202F APQ8064T 1.7GHz(クアッドコア) 2GB FullHD(1920x1080) ソフトバンク 2013夏 22909
Optimus it L-05E APQ8064T 1.7GHz(クアッドコア) 2GB HD(1280x720) ドコモ 2013夏 22649
AQUOS PHONE ZETA SH-06E APQ8064T 1.7GHz(クアッドコア) 2GB FullHD(1920x1080) ドコモ 2013夏 22011
Optimus G L-01E  APQ8064 1.5GHz(クアッドコア) 2GB HD(1280x720) ドコモ 2012秋 21691
AQUOS PHONE ZETA SH-02E APQ8064 1.5GHz(クアッドコア) 2GB HD(1280x720) ドコモ 2012冬 21525
AQUOS PHONE EX SH-04E APQ8064 1.5GHz(クアッドコア) 2GB HD(1280x720) ドコモ 2013春 21260
Optimus G Pro L-04E APQ8064T 1.7GHz(クアッドコア) 2GB FullHD(1920x1080) ドコモ 2013春 21135
ARROWS A 201F APQ8064 1.5GHz(クアッドコア) 2GB HD(1280x720) ソフトバンク 2013春 21107
ELUGA P P-03E APQ8064T 1.7GHz(クアッドコア) 2GB FullHD(1920x1080) ドコモ 2013夏 21010
Optimus G LGL21 APQ8064 1.5GHz(クアッドコア) 2GB HD(1280x720) au 2012冬 21005
Xperia A SO-04E APQ8064 1.5GHz(クアッドコア) 2GB HD(1280x720) ドコモ 2013夏 20849
INFOBAR A02 APQ8064 1.5GHz(クアッドコア) 1GB HD(1280x720) au 2013春 20841
Xperia Z SO-02E APQ8064 1.5GHz(クアッドコア) 2GB FullHD(1920x1080) ドコモ 2013春 20808
HTC J Buttefly HTL21 APQ8064 1.5GHz(クアッドコア) 2GB FullHD(1920x1080) au 2012冬 20757
Xperia UL SOL22 APQ8064 1.5GHz(クアッドコア) 2GB HD(1280x720) au 2013夏 20621
AQUOS PHONE XX 203SH APQ8064 1.5GHz(クアッドコア) 2GB HD(1280x720) ソフトバンク 2013春 19639
ELUGA X P-02E APQ8064 1.5GHz(クアッドコア) 2GB FullHD(1920x1080) ドコモ 2013春 19369
Galaxy S3α SC-03E Exynos 4412 1.6GHz(クアッドコア) 2GB HD(1280x720) ドコモ 2012冬 18454
Galaxy Note 2 SC-02E Exynos 4412 1.6GHz(クアッドコア) 2GB HD(1280x720) ドコモ 2012冬 18046
MEDIAS X N-04E APQ8064 1.5GHz(クアッドコア) 2GB HD(1280x720) ドコモ 2013春 17945
Ascend D2 HW-03E K3V2 1.5GHz(クアッドコア) 2GB HD(1280x720) ドコモ 2013春 16076
ARROWS X F-10D Tegra 3 AP33 1.5GHz(クアッドコア) 1GB HD(1280x720) ドコモ 2012夏 13621
ARROWS V F-04E Tegra 3 AP33 1.5GHz(クアッドコア) 2GB HD(1280x720) ドコモ 2012冬 13165
HONEY BEE 201K MSM8960 1.5GHz(デュアルコア) 1GB WVGA(800x480) ソフトバンク 2013春 12451
AQUOS PHONE Ss 205SH MSM8960 1.5GHz(デュアルコア) 1GB FWVGA(854x480) ソフトバンク 2013夏 11755
ARROWS X F-02E Tegra 3 AP37 1.7GHz(クアッドコア) 2GB FullHD(1920x1080) ドコモ 2013春 11540
PANTONE 6 200SH MSM8960 1.5GHz(デュアルコア) 1GB HD(1280x720) ソフトバンク 2013春 11205
Xperia AX SO-01E MSM8960 1.5GHz(デュアルコア) 1GB HD(1280x720) ドコモ 2012冬 11142
AQUOS PHONE SERIE SHL21 MSM8960 1.5GHz(デュアルコア) 1GB HD(1280x720) au 2012冬 10969
ARROWS ef FJL21 MSM8960 1.5GHz(デュアルコア) 1GB HD(1280x720) au 2012冬 10322
AQUOS PHONE si SH-01E MSM8960 1.5GHz(デュアルコア) 1GB qHD(960x540) ドコモ 2012秋 10121
AQUOS Phone Zeta SH-09D MSM8960 1.5GHz(デュアルコア) 1GB HD(1280x720) ドコモ 2012夏 10025
Xperia VL SOL21 MSM8960 1.5GHz(デュアルコア) 1GB HD(1280x720) au 2012冬 10021
MEDIAS W N-05E MSM8960 1.5GHz(デュアルコア) 1GB qHD(960x540) ドコモ 2013春 9867
Galaxy S3 SC-06D MSM8960 1.5GHz(デュアルコア) 2GB HD(1280x720) ドコモ 2012夏 9694
URBANO L01 MSM8960 1.5GHz(デュアルコア) 2GB HD(1280x720) au 2013夏 9428
Xperia SX SO-05D  MSM8960 1.5GHz(デュアルコア) 1GB qHD(960x540) ドコモ 2012夏 9412
Xperia GX SO-04D  MSM8960 1.5GHz(デュアルコア) 1GB HD(1280x720) ドコモ 2012夏 9210
Ascend HW-01E MSM8960 1.5GHz(デュアルコア) 1GB HD(1280x720) ドコモ 2012秋 8026

2012年春以前の古い機種やユーザーの限られている機種は除外していますが、それでも多いですね。閲覧環境次第では・・・というか多くの方にとって驚異的な見にくさ・レイアウト崩れが起こっていそうですので、クリックで拡大表示可能な画像版も張っておきます。

Androidスマホのベンチマーク結果まとめ

RAMの影響も0ではありませんが、ベンチマークスコアは解像度とCPUでほぼ決まると見て良さそうです。上位は最新の2013年夏モデルがほぼ独占している状態ですね。

次に、シーズン毎のスコアの傾向をもう少し詳しく見てみましょう。

2. シーズン毎のベンチマークスコア分布

各シーズンのベンチマークスコア分布

縦軸をAntutuベンチマークスコア・横軸を発売シーズンとして、各機種のスコアをプロットしています。

機種間の性能差が小さくなった2013年夏モデル

2012年冬モデルや2013年春モデルが10000~23000の範囲で幅広く分布しているのに対し、多くの機種がクアッドコアCPUとなった2013年夏モデルではスコアが20000~25000に密集していることがわかります。

2013年夏モデルは、以前よりも機種間の性能差がかなり小さくなったということですね。
※2機種のデュアルコアモデルは10000前後ですが

3. シーズン間でのベンチマークスコアの伸び

各シーズンのスコアの平均値を赤〇でプロットしてみると・・・

各シーズンのベンチマークスコア平均値

このようになり、ほぼ直線的に向上していることがわかります。
各シーズンスマートフォンのベンチマークスコア平均値
・2012年夏モデル:10392
・2012年秋モデル:13279
・2012年冬モデル:15540
・2013年春モデル:17172
・2013年夏モデル:21171
2012年夏モデルと2013年夏モデルを比較すると、1年で倍近くまでスコアは増加しています。

大きな進化はこれからも続きそうなスマートフォン

ディスプレイは「5インチ前後でフルHD(1920x1080)」という一つの到達点に来た感がありますが、処理能力の面では、2013年秋モデルや2013年冬モデルで登場する新規SoC(≒CPU)もあり、今後も性能向上が続きます。
Xperia Z後継のhonamiのベンチマークスコアは軽く30000を超える予測

カメラ性能や電池持ちの向上もまだまだ目覚ましい状況であり、スマホの大きな進化はこれからも続きそうです。 

この先暫くは「どんなに高性能な機種を買っても1年後には低スペック相当になる」と言うことですので、欲しい機種が見つかった時にすぐ買うのが一番正解なのかもしれませんね。 
 
■追記
6/29 21:26 一部機種のスコアに誤記があったため改版しました。
スポンサードリンク
この記事をツイートする この記事をFacebookでイイねする LINEで送る