超軽量&格安スマホ「DIGNO R 202K(ソフトバンク)」
画像出典:京セラ「DIGNO R 202K(ソフトバンク)」

ソフトバンク2013年夏モデルの京セラ製スマートフォン「DIGNO R 202K(ディグノ)」の発売日および価格が明らかになりました。

大雑把に言えば「本体が94gと非常に軽い&性能はそこそこ」なスマートフォンであるDIGNO R 202K。ソフトバンクのAndroidスマホでしかもフラッグシップ以外となると、あまりヒットする要素はありませんが、実はかなりコストパフォーマンスが良い機種となりそうです。

1. ソフトバンク 2013年夏モデル&2012年冬春モデルのスペックと価格比較

ソフトバンク2013年夏モデル_スペックと価格比較

DIGNO R 202Kの価格は30720円。基本性能では2013年夏モデルの205SHや2012年冬モデルの200SHを凌ぐ最新機種ですので、旧機種のミドルレンジ並みの安さに誤記かと思いました。

2. DIGNO R 202Kの主な仕様

・ディスプレイ:4.3インチ HD液晶(1280×720px)
・プラットフォーム:Android 4.2(Jelly Bean)
・SoC:MSM8960 1.5GHz(デュアルコア)
・RAM:1.5GB
・ROM(内蔵ストレージ):16GB
・対応SDカード:microSDHC ※カードリーダーの接続が必要
・バッテリー容量:1800mAh
・LTE:ソフトバンク4G対応(下り76Mbps 上り10Mbps)
・Wi-Fi(無線LAN):IEEE 802.11 a/b/g/n
・防水:〇(IPX5/IPX7)
・赤外線:〇
・ワンセグ:〇
・アウトカメラ画素数:約 810万画素
・インカメラ画素数:約 32万画素

・寸法:幅60mm × 高さ122mm × 厚さ10.4mm
・重量:94g
・カラー:白・黒・グリーン・ピンク
・発売日:2013年7月5日
・メーカー:京セラ
欠点を挙げるとすれば、microSDスロットが内蔵ではないというくらいでしょうか。ROMは16GBですので「動画を高画質でどんどん撮影する人」には向きませんが、それ以外の用途であれば問題は無さそうです。

軽さ・コンパクトさ・コストパフォーマンスを考えれば、相当お得なスマホと言えるでしょう。
スポンサードリンク
この記事をツイートする この記事をFacebookでイイねする LINEで送る