2013年冬モデルの重点スペック比較!各分野の最強機種は?~大画面スマホ版~
画像出典:価格.com スマートフォン「docomo 2013年冬春モデル」

10月11日発売のG2 L-01Fをはじめ、11月上旬までに一気に6機種が発売となった2013年冬(2014年春)モデル。

メーカー各社が持ち味を活かしたスマートフォン開発をしているので「あらゆる面で最強の機種」というのは無く、どの機種が理想的かは購入者次第です。

用途によってベストな機種は異なるという前提で、今回は「機種選びの際に重要な7項目(※1)」をピックアップ&それぞれのおすすめ機種を選んでいきたいと思います。
※1 「スマートフォン購入検討者が重視するポイントに関するアンケート」を参考にしています。
2014.01.26更新
・電池持ちに関する評価見直し
・お持ち帰り用比較表(pdf)更新
auの2014年春モデル関連はコチラ

1. 電池持ちの良さ

↓ クリックで拡大表示
電池持ちの良さはアローズNX F-01Fが最良

ARROWS NX F-01Fが電池持ちは最良で、僅差でAQUOS PHONE ZETA SH-01Fが続きます。

やはりバッテリー容量で勝るARROWS NX F-01Fが幅広い条件で優位ですが、使い方次第ではディスプレイの省電力に優れたAQUOS PHONE ZETA SH-01Fの方が電池持ちは良くなります。

バッテリー容量はGalaxy note3 SC-01Fも3200mAhと大容量ですが、大画面化&CPUの高性能化によって他機種より消費電力が大幅に増加するのがネックです。

なお、電池持ちの一番の目安となる「実使用時間(※2)」の数値は、2013年夏モデルのARROWS NX F-06Eが「実使用時間:69.4時間」でしたので、GALAXY JとXperia Z1を除く多くの機種は、相当電池持ちが良いと言えそうです。
※2 WEBや通話などで、1日約80分間の利用があった場合の電池の持ち時間

2. 動作の快適さ

↓ クリックで拡大表示
Galaxy note3 SC-01Fが最もサクサク

多くの用途でGalaxy note3 SC-01Fが最もサクサク動きます。全機種ほぼ同等のCPUを搭載しているためベンチマークスコアは横並びですが、
・複雑な処理時も空きメモリが豊富で、動作遅延が起こりにくい
・温度上昇による機能や性能制限が起こりにくい
といった部分から、Galaxy note3 SC-01Fが他機種よりも優位です。ただし、電池持ちと同じく昨シーズンまでの機種(※3)に比べれば、全機種が相当快適な動作が可能です。
※3 Galaxy S4 SC-04Eのベンチマークスコアは約27000

ただし、温度上昇時に性能制限が起こりにくいという点は、サクサク動くというメリットだけでなく本体が熱くなりやすいというデメリットも持ちますので注意が必要です。詳しくは下記記事参照。
参考)ベンチマークぶん回し発熱検証レポート

なお、L-01Fのみ下り最大150Mbps/上り最大50MbpsのXi未対応ですので、対応(対応予定)のエリアにお住いの人にとっては、インターネットの速度においてデメリットとなります。

3. 画面の綺麗さや表現力 

トリルミナスディスプレイ等の新技術

最も大画面のGalaxy note3 SC-01Fが優位です。ただし、各機種得意分野は異なります。
・最も大画面で、PCサイト利用や電子書籍も快適なGalaxy note3 SC-01F
・視野角の広いIPS液晶採用で、寝転がっての利用や複数人での動画視聴も快適なG2 L-01F
・バックライトの最大輝度が高く、明るい屋外でも見やすいARROWS NX F-01F
・色の表現が豊かで、写真や動画を最も綺麗に映し出すXperia Z1 SO-01F
なお、Galaxy note3 SC-01FおよびGalaxy J SC-02Fの有機ELディスプレイは、「鮮やかで綺麗」 or 「ギラついて目が疲れやすい」と意見が別れることが多く、Xperia Z1 SO-01Fのトリルミナスディスプレイは視野角が狭いという声もあるため、実機での確認をお薦めします。

4. 機能の豊富さ

↓ クリックで拡大表示
最も多機能なのはARROWS NX F-01F

各種機能を最も広くカバーしているARROWS NX F-01Fが最も多機能で、特にiPhone5sでもお馴染みの指紋センサーは、使い慣れると手放せなくなる便利さです。
・フルセグの録画に対応するのはAQUOS PHONE ZETA SH-01Fのみ
・防塵構造なのはXperia Z1 SO-01Fのみ
といった差分もありますので、優先したい機能は何かを検討しましょう。

5. データの保存可能量

↓ クリックで拡大表示
データの保存可能量は、G2 L-01Fが最も少ない

写真やアプリといったデータの保存可能量は、G2 L-01Fが最小で他の5機種は同等です。G2 L-01Fも付属のmicroSDリーダー・ライターを使えばmicroSDXCを使用可能ですが、他機種のように「常時microSDを取り付けてアプリも移して・・・」という利用が現実的ではないので、非対応扱いとしています。

5機種とも、ROM+microSDXC(64GB)の85GB前後が実際にデータ保存可能な容量となります。スマホの動作のために必要となる領域分は強制的に使用されるため、写真等の保存に使える領域はカタログスペックの数値よりも少なくなっています。

6. カメラ機能

↓ クリックで拡大表示
カメラの性能はXperia Z1 SO-01Fが最高

カメラ性能は、画質・手ブレ補正・連写性能等に優れたXperia Z1 SO-01Fが最も優秀です。

なお、AQUOS PHONE ZETA SH-01およびARROWS NX F-01Fも、従来機種に比べれば綺麗な写真撮影が可能です。特にF値1.9のレンズ&ノイズに強い画像処理機能を持ったAQUOS PHONE ZETA SH-01Fは、暗い場所での撮影に優れています。

各機種で実際に撮影した写真は、機種別のレビューにてご紹介します。
関連)最新スマホのカメラ写真比較

7. 価格の安さ 

↓ クリックで拡大表示
ARROWS NX F-01FとAQUOS PHONE ZETA SH-01Fが格安

実質0円+キャッシュバックもあるMNP以外では、ARROWS NX F-01FとAQUOS PHONE ZETA SH-01Fが最も安価です。機種変更時の割引額は、
・ドコモ利用年数が10年以上かどうか
・スマホからの機種変更 or ガラケーからの機種変更
といった条件で異なります。機種間でも割引額に大きな差があり、2013年夏のツートップに似た扱いとなっている「ARROWS NX F-01F」&「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」は、かなり大幅な値引きが適応されます。
以上の比較より、各項目別ランキングを下記のとおり決定しました。

↓ クリックで拡大表示
2013年冬春モデルの性能項目別ランキング

「バランスの良い機種」「特定部分に特化した機種」といった個性が見られますね。

他にもデザインや持ちやすさといった数値比較できない要素も多数ありますし、上記7項目においても優先度や価値観次第で順位は前後するでしょうが、機種選びのご参考にどうぞ。

参考)比較に用いた全項目・数値の一覧表(PDF形式 約63KB)
なお、同じような流れでiPhone5sとXperia Z1 SO-01F&Z1 f SO-02Fの比較も行っていますので、興味のある方はそちらもご参考にどうぞ。

参考)Xperia Z1(SO-01F・SO-02F)とiPhone5sを比較
スポンサードリンク
この記事をツイートする この記事をFacebookでイイねする LINEで送る