スマートフォンのドライブレコーダー活用~Xperia Z1 SOL23逆光編~

XPERIA Z1 SOL23を用いたドライブレコーダー運用のご紹介第2弾。

前回の夜景バージョン(※1)に引き続き、今回もスマートフォンのカメラにとって厳しい条件である「逆光のある環境」での撮影です。
※1 参考)Xperia Z1(SOL23・SO-01F)で夜のドライブレコーダー ~夜景ムービー評価~

撮影時の設定は「スポーツ」と「プレミアムおまかせオート」 。午後3時頃の撮影です。

1. シーン設定「スポーツ」での撮影

被写体が激しく動く撮影条件ですので、まずはマニュアル設定のシーン「スポーツ」を選んでみました。



ナンバープレートや標識もきっちり撮影できており、逆光についてはあまり気にならないレベルでの撮影が出来ているようです。信号が点滅して見えてしまう現象は、カメラ側のフレームレート(※2)と信号側の周波数(※3)の関係によるもので、正常な挙動(制限)です。
※2 1秒あたりの記録コマ数。
※3 LEDの信号は毎秒100回 or 120回点滅しています。

2. 「プレミアムおまかせオート」 に設定

次に、設定を「プレミアムおまかせオート」に変更して撮影を行いました。



録画された映像からは、各設定による差分はわかりませんでした。夜間と同じく逆光のある昼間でもオート設定で問題ないようですね。

オート設定時は写真 / ムービー撮影が切り替え無しで開始出来て便利ですし、あまりマニュアル設定で活用する機会は無いのかもしれません。

Xperia Z1 SOL23のカメラ(逆光)

Xperia Z1のHDR(※4)は非常に優秀で、肉眼でもまともに見えない強烈な逆光環境においても、上のような写真撮影が可能です。
※4 ハイダイナミックレンジ合成。明暗差が大きいシーンでも見た目に近い撮影が可能となる。

関連)GALAXY S5でドライブレコーダー&カーナビ評価
スポンサードリンク
この記事をツイートする この記事をFacebookでイイねする LINEで送る