GALAXY S6分解レポート「薄さの秘密&自力バッテリー交換」
画像出典:CNET

IFIXITがGALAXY S6(国内ではSC-05G docomo, SCV31 au)の分解レポートを公開しました。どのような内部構造・部品となっているのか、簡単にご紹介します。 

バッテリー交換は出来ないGALAXY S6 SCV31 SC-05G
画像出典:Samsung Galaxy S6 Teardown

ユーザーによるバッテリー交換が簡単に行えた前作までと違い、GALAXY S6ではバッテリーにたどり着くまでに「背面カバーの接着外し」「無線充電のフレキ外し」と、慎重さを問われる作業が必要。

内蔵バッテリーの自力交換は難易度が高そうです。

メインボードがシンプルなギャラクシーS6_SCV31_SC-05G
画像出典:Samsung Galaxy S6 Teardown

目玉機能でもあるカメラのモジュールをメインボードから取り外している様子。

ギャラクシーS6_SCV31_SC-05Gの分解
画像出典:Samsung Galaxy S6 Teardown

一通り分解が完了した後の写真。

特徴的なのはメインボード&バッテリーの形状で、お互いが重ならない構造により本体の薄さを実現しているようです。

■関連記事
GALAXY S6 Edge分解レポートが登場(※ガラス割れリスク大)
「GALAXY S6」「S6 Edge」 ドコモ&au版の発売日とスペック確定!
スポンサードリンク
この記事をツイートする この記事をFacebookでイイねする LINEで送る