ドコモ スマートフォンおすすめ情報局

NTTドコモのスマートフォンに関する非公式情報サイト。おすすめ機種の発売日情報や、評価・評判・不具合に関する口コミも発信

    ドコモ最新スマホの発売日情報

    ドコモ公式 最新情報RSS

    カテゴリ:2013年秋モデル > iPhone 5C




    iPhoneはキャリアによって評価にかなり差があるようで、au版が最も高評価です。売り上げではイマイチの国内メーカー製スマートフォンですが、購入者評価は全体的に高いようですね。
    >>全文を読む
    スポンサードリンク
    この記事をツイートする この記事をFacebookでイイねする LINEで送る
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote


    もし脱獄に失敗して、iPhoneが起動すらしなくなってしまった人は、まずリカバリモードによる復元を試してみてください。方法はApple公式サポートに掲載されています。 リカバリモードでも復元が出来なかった場合、いよいよ修理に出す覚悟も必要となってきますが、その前にDFUモード(セーフモード)での初期化も試しておくと良いでしょう。
    >>全文を読む
    この記事をツイートする この記事をFacebookでイイねする LINEで送る
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote


    ■iPhone 5s/5c脱獄に関する注意事項 ・脱獄には様々なリスク(※)が伴いますので、その責任を負えない方は行わないでください。 ※端末の起動不可やデータの損失等 ・今後のAppleによるアップデートによって、本ツールでの脱獄は不可能になる可能性があります。
    >>全文を読む
    この記事をツイートする この記事をFacebookでイイねする LINEで送る
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote


    ドコモ公式のオンラインショッピングサイトで、手軽にスマートフォン購入が可能な「ドコモオンラインショップ」。これまで携帯電話本体としては『ガラケー』と『Androidスマートフォン』のみの販売でしたが、いよいよ『iPhone5s』『iPhone5c』の販売も開始となりました。
    >>全文を読む
    この記事をツイートする この記事をFacebookでイイねする LINEで送る
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote


    スペック上の数値だけを見ると同じ800万画素のiPhone5cとiPhone5sですが、細かな部分のくっきり感には明らかな差が確認できました。iPhone5cのカメラも決して性能が低いと言うわけではありませんが、iPhone5sのカメラ性能の高さは際立っており、多くの人にとって「デジカメ要らず」となるレベルのようです。
    >>全文を読む
    この記事をツイートする この記事をFacebookでイイねする LINEで送る
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote


    オンラインストレージへ(iCloud)の写真移動等である程度の空き容量対策は可能ですが、microSDカードの追加が出来ないiPhone5s・iPhone5cですので、購入時の容量選びは非常に重要です。 販売数では毎回トップの16GB版 iPhone。価格の安さが魅力で、用途がシンプルな人にとってはコストパフォーマンスの高いモデルですが、iPhone5s・iPhone5cで動画をよく撮影するつもりの人には32GBモデルがおすすめです。
    >>全文を読む
    この記事をツイートする この記事をFacebookでイイねする LINEで送る
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote


    品薄で発売初期の入手は相当困難なiPhone5sのゴールド。ドコモ版となると、なおさら競争率は上がります。 仕入れに成功した転売屋にとっては理想的な状況のようで、早くも「スペシャル価格」でオークションへの出品が始まっているようです。
    >>全文を読む
    この記事をツイートする この記事をFacebookでイイねする LINEで送る
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

    このページのトップヘ