2016年夏モデル以降で主流となる2つのプロセッサについて、ベンチマーク結果をご紹介します。

1. Snapdragon 820 MSM8996

Snapdragon 820 MSM8996
画像出典:Qualcomm

Qualcomm社の次世代プロセッサで、Xperia Z6をはじめ多くのハイエンドスマートフォンでの採用が予想されています。

CPUは最大2.2GHzのクアッドコア(4コア)で、GPUはAdreno 530。オクタコア(8コア)のSnapdragon 810からCPUのコア数は減少していますが、パフォーマンスや省電力性能は向上します。

ベンチマークスコアは下記の通り(Geekbench3)。

ベンチマークスコア@Snapdragon 820 MSM8996
画像出典:Geekbench3

まだまだ試作機レベルの測定結果ですが、Xperia Z5 SO-01HのスコアがSingle Core 1300&Multi-Core 4600程度でしたので、着実にパフォーマンスは向上しているようです。

2. Exynos 8890

Exynos 8890
画像出典:Samsung

Galaxy S7やGalaxy Note6での採用が予想される、Samsung社の次世代プロセッサ。

1.5GHz~のオクタコア(8コア)CPUと、GPUにはMali-T880を採用。公式発表では、Galaxy S6等で採用されているExynos7比で30%以上性能が向上しているとされています。

Geekbench3の結果は下記の通り。 

ベンチマークスコア@Exynos 8890
 画像出典:Geekbench3

僅差ではありますが、Snapdragon820よりも高いMultiCoreスコアとなっています。

ちなみに、下記がiPhone6sのスコアです。

iPhone6sのベンチマークスコア
画像出典:Geekbench3

現時点ではCPU・GPUの総合パフォーマンスで頭一つ抜けているiPhone6sですが、2016年夏モデル以降はiPhone6sを超えるAndroidスマートフォンが多数登場しそうです。

 次世代スマートフォン関連記事
2016年夏モデルの発売日やスペックのまとめ
Xperia Z6の発売日やスペック情報
スポンサードリンク
この記事をツイートする この記事をFacebookでイイねする LINEで送る